スモールセコンドが搭載されている時計

腕時計

パネライが販売している腕時計の中には、スモールセコンドを搭載しているところに特長があるものもあります。ルミノールマリーナも表示板の一部にスモールセコンドを搭載している腕時計の一つで、スモールセコンドがついているパネライの腕時計の中でも特に有名なものです。ルミノールマリーナは表示板の9時の位置にスモールセコンドが配置されているので、腕時計をつけている人から見た場合、向かって左側にあります。スモールセコンドとは、時計の中央部分とは別の場所に表示された秒針のことで、時計の針が分針や時針と重ならないために、秒の表示が見やすくなっているのがメリットです。秒単位で細かく時間の計測が必要な場合にも便利な機能です。

海軍のために開発された腕時計

腕時計

パネライのルミノールマリーナにスモールセコンドの表示機能がついているのは、この会社の歴史と大きく関係しています。1940年代にパネライはイタリアの海軍のために腕時計を製作していた歴史があります。軍隊で使用される腕時計は通常の腕時計とは異なる機能が必要な場合も多く、より正確に時間を表示できる機能も必要でした。こうした機能を特に必要としたのが、海軍の兵士の中でも海の中にもぐって任務をおこなう兵士です。海の中で行動する場合には特に時間を正確に測定しながらおこなう必要があることから、兵士が身につける腕時計にも非常に正確に時間を表示できる高い性能が必要になりました。

大人数で共同で作業するときにも役立つ機能

ディスプレイ

パネライは海軍の特殊部隊が水中でも行動しやすくするためにスモールセコンドを腕時計に採用しました。スモールセコンドが搭載されたことにより、イタリア海軍の特殊部隊はそれまで以上に時間を正確に守って行動できるようになりました。時間に正確に行動できるようになったことで、特に大きな変化が見られたのは特殊部隊の兵士が共同で作業をおこなう場合です。多くの兵士が参加するような規模の大きい作戦の場合には、一人一人の兵士が時間を合わせて行動をすることが不可欠になるからです。スモールセコンドを腕時計につけることで、こうした多人数での共同作業も非常にしやすくなって、海軍には大きなメリットがありました。軍用の時計にスモールセコンドが配置された場所は表示板の9時の位置で、ルミノールマリーナが9時の位置にスモールセコンドを配置しているのも、上記のような歴史と大きく関係しています。腕時計をつけている人にとって見やすい場所にあるのが特徴です。

広告募集中